示談のルール

交通事故1

更に後遺障害に関する損害があり、交通事故によって損傷した後、治療に専念したにも関わらず、不幸にも後遺障害が残ってしまうという場合も、想定をする必要があります。それは、後遺障害の逸失利益や、後遺障害慰謝料に分けることが出来ます。

被害者が自分の加入している任意保険会社に示談の交渉を依頼するというケースも想定することが出来ます。しかし、被害者が過失割合の事故では、被害者が加入している保険会社は加害者側と示談交渉できないという点にも注意をする必要があります。

つまり、みなさんは、弁護士依頼をしない限り、そのような問題と自分自身で向きあっていかなければならないということです。

果たして、保険会社から治療している最中に、示談の要請が合った場合受けてしまっていいのでしょうか……。

いろいろは頭も混乱しているときなので、面倒くさいから受けてしまおうと思ってしまうかもしれません。 一般的に治療が完了するまで示談は待った方がいいようです。

とにかく、判らないことがあれば、弁護士に相談するというモチベーションが正しいのではないでしょうか。

交通事故示談問題については、法律上は当事者の合意だけによって成立するので、その場で示談交渉を開始することも可能なのですが、口頭による約束でも安易に示談に回答しない方が無難です。

不安な点が少しでもあれば弁護士へ相談するようにしましょう。

「慰謝料の内容」